ケーススタディ一覧

  1. 乗り換えのケーススタディ4|大型株から小型株に乗り換えて投資効率を高める

    限られた資金を効率よく活かすには、株価上昇の見込みが高く、かつ値動きがある銘柄に乗り換えていくことが大事です。そのための手法として有効なのが、値動きが緩やかな大型株から、値動きのある中小型株への乗り換えです。

    続きを読む
  2. 売買判断のケーススタディ3|急落リスクを抑える人気株の選び方

    人気株は、株価が急騰し、出来高/売買金額も増えます。その変化を見て、人気化していることに気づいたり、思わず飛びついたりする個人投資家も多いかもしれません。もちろん、その方法で利益が得られることもあるでしょう。しかし、買ったところが株価の天井で、そこから急落に巻き込まれることもあります。

    続きを読む
  3. 売買判断のケーススタディ2|注目度の移り変わりを見て人気株を売買

    新興市場の銘柄や中小型株は、急に注目されたり、話題になったりすることがあります。すると、もともと売買代金が少ないこともあり、株価が動きやすくなり、ボラティリティが大きくなります。そのような銘柄を狙い、大きな利益を狙う個人投資家も多いことでしょう。

    続きを読む
  4. 売買判断のケーススタディ1|バイオ株は夢と現実の見極めが重要

    バイオ株は個人投資家に人気がある分野の一つ。新たな医薬品の誕生は世の中を大きく変える可能性を秘めているため、思惑が広がり、株価が急騰することもあります。ただし、医薬品は市場に出るまでの規制や認可の仕組みなどが複雑です。

    続きを読む
  5. 乗り換えのケーススタディ3|相場の変化をとらえて大型株に乗り換え

    株式投資では、買い方の資金がどこを向いているか見極めることが大事です。また、その時々の市況により、買い方が弱気で、市場に資金が入ってこないことがあれば、強気に変わり、巨額の資金が入ってくることもあります。

    続きを読む
  6. 乗り換えのケーススタディ2|東芝からアルバックの乗り換えでプラス25万円

    投資を続けていく以上、持ち株に悪材料が出るリスクは常にあり、投資歴が長くなればなるほど、悪材料に見舞われる回数も増えます。重要なのは、悪材料が出た株に見切りをつけ、次の株に乗り換える決断をすることです。一次的には損が出ても、乗り換えた銘柄がよければ利益を得ることができます。

    続きを読む
  7. 乗り換えのケーススタディ1|100回超の乗り換えで50万円が2000万円以上に

    当社のサービスは、スタート時の投資資金によって複数のコース(サービス名:成功ナビ)に分かれています。例えば、30万円コースは30万円の資金でスタートするという意味で、当社が30万円以下で買える推奨銘柄を選び、メールなどで提示します。50万円コースなら50万円以下の銘柄を選び、推奨します。

    続きを読む
  8. 銘柄選択のケーススタディ2| DeNAから安川電機の乗り換えで75万円の利益

    株式投資では、保有している株の値動きを見るだけでなく、将来的に保有したい株の調査・分析をしていくことも大事です。この2つを同時進行することにより、保有株から新しい株にスムーズに乗り換えることができ、資金を無駄に寝かせることのない運用が実現できます。

    続きを読む
  9. 銘柄選択のケーススタディ1| 時流を掴む銘柄選択で株価が2倍に

    相場は変化の連続です。時に世の中が想定していない大きな変化が起き、株価が急騰・急落することもあります。そのようなときに大切なのは、スピード感を持って新たな相場の方向性を見極め売買することです。判断が早ければ早いほど、変化が生み出す新たなスター銘柄の初動に乗れる確率が高まります。

    続きを読む
  10. 少額資産を巨額資産に変えるために必要なこと

    投資の主な目的は、資産を増やすこと。とはいえ、投資にはリスクがつきものです。購入した株によって必ずしも利益がもたらされるとは限りません。それでも、銘柄選びと売買のタイミングが適切であれば、大きな損失を出すことなく、資産を拡大させることができるのです。ここでは、これまで投資アドバイザーとしてご提供してきたノウハウの一部をご紹介します。

    続きを読む

株式投資シミュレーション

プロフィール

藤村

ライジングブル投資顧問株式会社

代表取締役社長 藤村 哲也

【経歴】

1965年生まれ。横浜市立大学経営学科卒業。1990年太平洋証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)入社、証券営業を経て1996年より投資情報部で証券アナリストとして勤務。合併により2000年よりUFJつばさ証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)に勤務し、最終役職はUFJつばさ証券部長代理。独立後、2003年6月にライジングブル投資顧問株式会社を設立。中国株、日本株情報サイトを運営し、会員向けに株による財産形成を総合的にサポートしている。Yahoo! ファイナンス 投資の達人、All About株式ガイド。

新着の投稿

あなたの資産形成を徹底サポート ライジングブル投資顧問株式会社
ページ上部へ戻る