投資ノウハウ一覧

  1. 中国株の取引口座は、取り扱い銘柄数とコスト、使い勝手で選ぼう

    中国株を売買するためには、証券会社に中国株の取引口座を開設する必要があります。では、どこの証券会社で口座を開くのがよいでしょうか。今回は中国株の取引口座についてご紹介いたします。中国株を扱っていない証券会社も存在するまず大前提として、中国株を扱っている証券会社を選ぶこと。

    続きを読む
  2. 「本土の市場(上海・深セン)」と「香港市場」でまったく異なる中国株市場

    さて、中国株を取り引きしたことのない人にとって、中国株市場はあまり馴染みのない存在かもしれません。

    続きを読む
  3. 資産が100万円を超えてきたら、「中国株」への投資を検討してみよう

    銘柄を乗り換えながら利益を積み上げていき、資産の合計が100万円を超えてきたら、中国株への投資を検討してみるとよいでしょう。たとえば資産総額の10%以内、たとえば100万円なら10万円以内、500万円なら50万円以内を中国株に振り分けます。

    続きを読む
  4. 同じ「分散投資」でも、投資信託では大きな夢は見られない

    複数の日本株に分散して投資する、というと「投資信託」をイメージする人もいるかもしれません。ご存じのとおり、投資信託とは国内外の株式や債券、REIT(不動産投資信託)などさまざまな金融商品に分散投資して、プロのファンドマネジャーが管理・運用するという資産運用商品です。

    続きを読む
  5. 保有株数の調整で、リスク低減&利益の最大化を狙おう

    資金が増えてくると、銘柄数を増やせるだけでなく、銘柄ごとの保有株数を増やすことも自在にできるようなってきます。資金が少ないときにも可能な範囲で有望な銘柄は2単元、3単元保有して、できるだけ利益を取りに行くことを目指していますが、資金的な面で複数単元の保有には限度があります。

    続きを読む
  6. 資金が増えてきたら、「分散投資」を徹底することが重要

    資金が100万円を超えてきたら、リスクを抑え、可能性を広げる目的で複数の銘柄に分散して投資することが重要です。本コラムでは投機的ではなく、安定して資産を増やす方法をお伝えいたします。

    続きを読む
  7. 100万円を超えると、資産拡大が自然に進んでいく理由とは

    こちらのコラム(資金が増えると株式投資がどんどん楽になる)では理由として、銘柄の選択肢が増えることと、買える銘柄数が増えることを挙げました。すでに述べたように、資金が増えると、投資金額が高額という理由でこれまでは買えなかった銘柄も、自由に選ぶことができます。

    続きを読む
  8. 投資資金が増えると、銘柄選択の自由度がアップする

    株式投資に使える資金が増えてくると、銘柄選びの自由度がアップします。端的に言うと、1単元の投資金額が高額な銘柄でも買えるようになるということです。

    続きを読む
  9. 資金が増えると、株式投資はどんどん楽になっていく

    より有望な銘柄、より上昇期待の大きい銘柄へと乗り換えながら投資を続けていくと、だんだんと資産が増えていきます。そして、100万円、500万円、1000万円と資産総額が増えるにつれて、投資がどんどん楽になっていきます。

    続きを読む
  10. 少額資産を巨額資産に変えるために必要なこと

    投資の主な目的は、資産を増やすこと。とはいえ、投資にはリスクがつきものです。購入した株によって必ずしも利益がもたらされるとは限りません。それでも、銘柄選びと売買のタイミングが適切であれば、大きな損失を出すことなく、資産を拡大させることができるのです。ここでは、これまで投資アドバイザーとしてご提供してきたノウハウの一部をご紹介します。

    続きを読む

株式投資シミュレーション

プロフィール

藤村

ライジングブル投資顧問株式会社

代表取締役社長 藤村 哲也

【経歴】

1965年生まれ。横浜市立大学経営学科卒業。1990年太平洋証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)入社、証券営業を経て1996年より投資情報部で証券アナリストとして勤務。合併により2000年よりUFJつばさ証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)に勤務し、最終役職はUFJつばさ証券部長代理。独立後、2003年6月にライジングブル投資顧問株式会社を設立。中国株、日本株情報サイトを運営し、会員向けに株による財産形成を総合的にサポートしている。Yahoo! ファイナンス 投資の達人、All About株式ガイド。

新着の投稿

あなたの資産形成を徹底サポート ライジングブル投資顧問株式会社
ページ上部へ戻る