投資のノウハウ

保有株数の調整で、リスク低減&利益の最大化を狙おう

資金が増えてくると、銘柄数を増やせるだけでなく、銘柄ごとの保有株数を増やすことも自在にできるようなってきます。

資金が少ないときにも可能な範囲で有望な銘柄は2単元、3単元保有して、できるだけ利益を取りに行くことを目指していますが、資金的な面で複数単元の保有には限度があります。

しかし、資産総額が100万円、200万円…と増えるにしたがって、購入した後に大きく上昇し始めた銘柄については、保有株数をさらに増やして、全資産の中でのその銘柄のウェイトを厚くすることが簡単にできるようになります。最初は「打診買い」として少しだけ買い、その後株数を増やしていくことで、より大きな利益の獲得が狙えるのです。

打診買いを推奨する理由

実際に株価の上昇を確認してから追加で購入していくので、最初から高いウェイトで臨むよりも安心感があります。

また、大きな値幅が取れた銘柄の売却を検討するときにも、さらなる値上がりの可能性を考慮して、まず保有株数の一部だけを利益確定することが可能です。

後は、様子を見ながら、段階的に売却していきます。この方法なら、大きく上昇した後に下落に転じても、上昇時に売り逃して利益を取り損なうことがなくなります。逆に、一部を残しておくことで、最初に売った後にさらに上昇しても残しておいた株で利益をしっかり取れるので、気持ち的にも楽になります。

過去の大化け銘柄での実践結果

ガンホー・オンライン・エンターテイメントの場合は、当初は1株で30万円だったため、持つか売るかしかありませんでしたが、その後株式分割により売買がしやすくなったため、売却時には少しずつ利益を確定していきました。下の図では、ガンホーでどのようにウェイト調整をしていったのかを実際の取引例で紹介しています。

ウェイト調整を自在にできるようになるのは、ある程度資金が増えてきてからになりますが、非常に効果の高い方法なので、ぜひ取り入れていって欲しいと思います。

「ガンホー・オンライン・エンターテイメントの場合」

本連載は、自著『資金30万円を巨額資産に大化けさせる 銘柄「乗り換え」株式投資法』(幻冬舎)から一部を抜粋したものです。本コラムは実際の投資の成功を保証するものではありません。本コラムを用いた運用は必ずご自身の責任と判断によって行ってください。本コラムの内容に関して運用した結果については、ライジングブル投資顧問株式会社はいかなる責任も負いかねます。なお、本コラムに記載されているデータや法令等は、いずれも執筆当時(2016年2月)のものであり、変更されていることがあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

株式投資シミュレーション

プロフィール

藤村

ライジングブル投資顧問株式会社

代表取締役社長 藤村 哲也

【経歴】

1965年生まれ。横浜市立大学経営学科卒業。1990年太平洋証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)入社、証券営業を経て1996年より投資情報部で証券アナリストとして勤務。合併により2000年よりUFJつばさ証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)に勤務し、最終役職はUFJつばさ証券部長代理。独立後、2003年6月にライジングブル投資顧問株式会社を設立。中国株、日本株情報サイトを運営し、会員向けに株による財産形成を総合的にサポートしている。Yahoo! ファイナンス 投資の達人、All About株式ガイド。

新着の投稿

あなたの資産形成を徹底サポート ライジングブル投資顧問株式会社
ページ上部へ戻る