投資の基礎講座

資産は「乗り換え」+「大化け」で増やす

本サイトで紹介する投資のスタンスは次の2つです。

① 銘柄の乗り換えで増やす…ある程度の値幅が取れる銘柄に投資して、それを次々に乗り換えていくことで資産を増やしていく
② 大化け銘柄への投資で増やす…株価が数倍~10倍超になるような銘柄に投資して、1銘柄で大きく資産を増やす

銘柄の乗り換えで増やす

①の「銘柄の乗り換え」は特に強調したいポイントで、ある程度値幅が取れる銘柄に投資してそれを次々乗り換えていくことで、大きく資産を増やしていこうという考え方です。たとえるなら、野球で打者が次々にヒットを打っていくイメージでしょうか。

中長期投資というと、よいと思う銘柄を買ったら後はひたすら持ち続けるイメージがあるかもしれません。しかし、時間が経てば世の中の状況が変わり、状況が変われば持つべき銘柄もまた変わってきます。状況に合わせてより値上がりが期待できる銘柄に乗り換えていかないと、資産を効率的に増やしていくことが難しくなってしまいます。

特に、少額資金からスタートした場合は、買える銘柄数は限られます。他によりよい銘柄があるのに、現在保有している銘柄に固執すると資金が滞ってしまい、乗り換えによる株価上昇を手にする機会を損失してしまいます。つまり、乗り換えをするとしないとでは、投資格差が大きく広がるというわけです。

ある程度の値幅を取って、次のよい銘柄へと乗り換えていけば、30万円を元手にして、それを50万円、100万円と増やし、そこからさらに200万、500万円とステップを踏みながら資産を大きくしていくことが可能です。

大化け銘柄への投資で増やす

一方、②の「大化け銘柄」は、資産が一気に何倍、何十倍に増える株のこと。例えばガンホー・オンライン・エンターテイメントは購入後、なんと10カ月間で株価が32倍に上昇しました。当初の投資資金の半分である15万円は490万円になり、1銘柄で450万円以上という大きな利益を上げました。こちらはさしずめ、場外ホームランと言えるでしょう。

「大化け銘柄」に当たれば、一銘柄で資産を何倍にも増やすことができます。せっかく株式投資をするのであれば、排除するのはもったいない選択肢です。ただし、「大化け銘柄」を一発で当てるのは不可能と言ってよいでしょう。「これは大化けしそうだ」と思って投資して、ある程度の利益は出ても大化けには至らないケースもよくあります。しかし、銘柄の乗り換えとセットで使うことにより、何度か挑戦を繰り返していけば、本物に出合える確率はぐんと高まります。同じ資金で、何度も挑戦できるからです。だから、乗り換えと大化けは別物ではなくセットで重要なのです。

大切なのは、その時々の「乗り換え」の判断です。当初は大化け銘柄として買ったとしても、保有している間に様々な変化が起こります。
大化けせずに大きな値幅取りに終わるもの、損切りを余儀なくされるもの(クルーズの例)、思惑どおり大化けするもの、早期に銘柄乗り換えをしたほうが良いケースなど。

このように、「大化け銘柄の買い」と「乗り換え」を使うと、同じ資金を使っていくつもの銘柄に挑戦でき、成功確率はぐんと高まるでしょう。

なお、値幅を取っていく銘柄と大化けが狙える銘柄は、明確に別物というわけではありません。たとえば、市場全体が好調のときには大化けする銘柄でも、相場全体が大きく下がっているときには、大化けまでいかずに「値幅が取れる銘柄」どまりになることがあるからです。ホームランを狙ったもののヒットどまりになることもあれば、逆にヒットしか難しいと思っていたのに、場外ホームランになることもある、ということです。

「乗り換え」の考え方ややり方については、本サイトで詳しく説明していきます。

本連載は、自著『資金30万円を巨額資産に大化けさせる 銘柄「乗り換え」株式投資法』(幻冬舎)から一部を抜粋したものです。本コラムは実際の投資の成功を保証するものではありません。本コラムを用いた運用は必ずご自身の責任と判断によって行ってください。本コラムの内容に関して運用した結果については、ライジングブル投資顧問株式会社はいかなる責任も負いかねます。なお、本コラムに記載されているデータや法令等は、いずれも執筆当時(2016年2月)のものであり、変更されていることがあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

株式投資シミュレーション

プロフィール

藤村

ライジングブル投資顧問株式会社

代表取締役社長 藤村 哲也

【経歴】

1965年生まれ。横浜市立大学経営学科卒業。1990年太平洋証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)入社、証券営業を経て1996年より投資情報部で証券アナリストとして勤務。合併により2000年よりUFJつばさ証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)に勤務し、最終役職はUFJつばさ証券部長代理。独立後、2003年6月にライジングブル投資顧問株式会社を設立。中国株、日本株情報サイトを運営し、会員向けに株による財産形成を総合的にサポートしている。Yahoo! ファイナンス 投資の達人、All About株式ガイド。

新着の投稿

あなたの資産形成を徹底サポート ライジングブル投資顧問株式会社
ページ上部へ戻る